近頃よく聞くポータルサイトとは、様々なコンテンツの入り口となるサイトを指しており、サイト紹介サイトのような位置づけになります。ポータルサイトのポータルは入り口や玄関という意味であり、検索エンジンを積んでおり、検索する場所が玄関、そしてその玄関に入ってから天気予報などのコンテンツを閲覧する入り口という仕組みになっています。

ポータルサイトにはどんなコンテンツがあるのか疑問に感じますが、実際には数多くのコンテンツが存在しています。よく聞く食べ物の紹介サイトや動画配信サイトもポータルサイトの一つです。これはユーザーが情報を検索してさらに口コミや動画などを投稿できる玄関口になっているからです。ポータルサイトとはインターネット上にある様々なコンテンツやページの玄関となるものであり、一般的に大きいことが多いです。

ポータルサイトの種類は大変多く、総合型と検索型、地域型や専門型、目的型やブログ型などがあります。少し前まではブログ型やコミュニティ型が有名でしたが、ブログ型の場合アフィリエイトなどを勝手に行うことはできず、容易にユーザーを呼び込むことは難しいです。その点コミュニティ型はユーザー同士が勝手にコミュニティを図り、どんどん情報を更新してくれるので運営のコストはかからず、SEOの効果も非常に高くなります。その時々の悩みや質問などが掲載されるので、必然的にキーワードがヒットしやすく、利便性も高いです。

専門型は一つの分野に特化した情報が掲載されているポータルサイトであり、特に多いのが不動産関係です。住まいを探す、住まいに関する情報を提供することが多く、テーマを一つに絞り込んでいるので、コミュニティ型と同じようにSEO効果が発揮しやすいです。ただし情報量が大変多いので定期的なメンテナンスが必要であり、検索しやすいようサイト自体を構築しなくてはなりません。

ポータルサイトとはサイト紹介サイトであり、玄関や入口的な役割を果たします。ユーザーにとっては利用しやすいものであり、様々な種類が存在しています。
新着記事
糖尿病の改善策で必要なポイント
リード獲得から受注までサポートしてくれる大阪のSEO対策会社
WordPressを使ったブログ運営は初心者向けの副業にピッタリ