近頃よく聞くポータルサイトとは、様々なコンテンツの入り口となるサイトを指しており、サイト紹介サイトのような位置づけになります。ポータルサイトのポータルは入り口や玄関という意味であり、検索エンジンを積んでおり、検索する場所が玄関、そしてその玄関に入ってから天気予報などのコンテンツを閲覧する入り口という仕組みになっています。

ポータルサイトにはどんなコンテンツがあるのか疑問に感じますが、実際には数多くのコンテンツが存在しています。よく聞く食べ物の紹介サイトや動画配信サイトもポータルサイトの一つです。これはユーザーが情報を検索してさらに口コミや動画などを投稿できる玄関口になっているからです。ポータルサイトとはインターネット上にある様々なコンテンツやページの玄関となるものであり、一般的に大きいことが多いです。

ポータルサイトの種類は大変多く、総合型と検索型、地域型や専門型、目的型やブログ型などがあります。少し前まではブログ型やコミュニティ型が有名でしたが、ブログ型の場合アフィリエイトなどを勝手に行うことはできず、容易にユーザーを呼び込むことは難しいです。その点コミュニティ型はユーザー同士が勝手にコミュニティを図り、どんどん情報を更新してくれるので運営のコストはかからず、SEOの効果も非常に高くなります。その時々の悩みや質問などが掲載されるので、必然的にキーワードがヒットしやすく、利便性も高いです。

専門型は一つの分野に特化した情報が掲載されているポータルサイトであり、特に多いのが不動産関係です。住まいを探す、住まいに関する情報を提供することが多く、テーマを一つに絞り込んでいるので、コミュニティ型と同じようにSEO効果が発揮しやすいです。ただし情報量が大変多いので定期的なメンテナンスが必要であり、検索しやすいようサイト自体を構築しなくてはなりません。

ポータルサイトとはサイト紹介サイトであり、玄関や入口的な役割を果たします。ユーザーにとっては利用しやすいものであり、様々な種類が存在しています。
新着記事
ホワイトハットSEO(コンテンツSEO)と内部対策のやり方9選【ブログ初心者向けに解説】
【SEO】長文コンテンツで1位は取れるのか?網羅性は本当に必要?
Jackeryポータブル電源、おすすめの使い方をお知らせします
運命を大きく変える絶対普遍の『原理原則』とは 【須田達史の人生指南】
ビルドアップとは?ポゼッションとは違う概念【サッカー原理原則】
【これもゴルフ】ついにティーチングプロ二人のラウンドの対決に決着!誰も予想しなかった結果に…【原理原則ラウンド⑥】
【株】株式投資において、仕掛けるタイミングの原理原則について考える
【12月のデザイン本レビュー】❶原理原則の教科書  ❷具現化特盛り大辞典【2020年最新版】
【書評】人がお金を出す原理原則 ITビジネスの原理を読んで
【SEOに不利になる?】翻訳記事は重複コンテンツになるのか?
SEO対策の動画講義【SEO歴6年のノウハウを完全公開】
【今さら聞けない】だから活躍できない!サッカーの原理原則って理解できてる?
SNSとSEOのコンテンツマーケティングの違いとは!?その特性を活かした活用方法
【究極の7つの法則】🔴宇宙の原理原則 正観さんデビュー作!『22世紀への伝言』究極のまとめ