原理原則のコンテンツseoお気に入りサイト

MENU

検索エンジン最適化記事一覧

 

ペンギンアップデートでは、大げさにSEO対策を行なっているWEBサイトが排除の標的になる。他のページから過大にリンクされているHPが主として排除されていく。パンダアップデートの強みは、他サイトのコンテンツをコピーしただけのような資料として全然役に立たないホームページや、ユーザーにとって価値の低いホームページの順位を低下させることにあります。SEOによって検索エンジンからの人集めまでは進んだとしても...

 
 

検索エンジン登録代行を使えば、何百件ものインターネットサイトから自分のホームページへリンクが貼られるようになります。そうすると、多くのケースでYahoo!やGoogleで検索結果の表示順位がアップします。トップページに、いわゆる“ランディング”するユーザーは訪問者全体の3割弱。それ以外のユーザーは、トップページを素通りしてコンテンツページにたどり着くわけで、ですから、そこにランディングページ最適化...

 
 

今の世の中、セミナー関連が非常に増えており、幅広い業種でセミナーが開催されているという現状があります。けれど、そんなに簡易に集客できる方法などあり得ません。サテライトサイト作成にも限度というものがあります。自分でやらなくても、自然と被リンクを集められるようなシステムこそが最良のところであると思っています。相互リンクの概要としては、リンクし合うことでアクセス増に寄与するという点だけでなく、SEOの立...

 
 

ページランクとは、つまり「人気度の高いページからのリンクがあるページも、同じく優秀なページだ」といった定義から、大手検索エンジン・グーグルが生み出したHPの総合的な指標となります。Googleにおける検索エンジンのアルゴリズムの変更は2タイプあり、各自パンダアップデート、ペンギンアップデートというユニークな名称が使われている。中身が薄っぺらなサイトをたくさん作るより、中身がぎっしり詰まったサイトを...

 
 

PPCによるHPへの集客方法について、検索エンジンからアクセスしてきた人は扱っている商品や提供しているサービスに対して他のユーザーよりも関心を抱いていることが少なくないため、すごく期待が持てます。サイトを全部作り直すのではなく配置を微妙に変えたり、見せ方や表し方を変えるだけで、様々な成果が2倍や3倍になるのも想定の範囲内です。このようなLPO対策が至極大切なのです。サイトトップに“ランディング”す...

 
 

ページランクを決定する評価の基準では、まだ作ったばかりのHPやインデックスが未反映のページ、著しく評価の低いページは残念ながらランク0、それか評価なしということもあります。インターネットサイトの制作とSEOに対するサービスを合わせて提案するような会社も増えてはいますが、率直に言って効果的なSEO対策の技術を提供してくれるようなところは非常に少ないと言わざるを得ません。ランディングベージを検索エンジ...

 
 

SEO対策というものは、検索エンジンの最適化と呼ばれており、検索エンジンに対して、自分の作成したサイトがどれだけその目的にとって最良か、その計画をより効率的に進行できるかという技術対策のことです。パンダアップデートとは要するに、良質でないサイトが検索結果になるべく映し出されない対策として、それとは反対に質の高いサイトを上位に表示することを第一義に編み出されました。狙いのキーワードで効率よく上位表示...

 
 

ペンギンアップデートに上手に対応するには、つまりは妙なサイトからの相互リンクを受けないこと、自サイトからのリンクを減らしたり、自社サイト内のリンクも適正に処理するといったことが重要です。トップページをとりあえず訪問する、つまり“ランディング”するのは訪問者全体のうちおよそ2~3割。その他のユーザーというのは、トップページを素通りしてコンテンツページに直接たどり着くのです。だからこそ、そこにランディ...

 
 

リンクの数はページランクを決定する要素とされているので、単純に“数”を稼ぐために何も考えずに相互リンクだけに注力する管理者は多くいます。とうとうここ日本にもパンダアップデートが入ってきたために、検索の順位やアクセスデータのチェック作業に勤しんでいる人々もたくさんいると思います。タダで18もの検索エンジンへ登録依頼手続きを行ってくれる『一発太郎』を使えば、主な大手検索エンジンが含まれているので、是非...